神社仏閣

超耀山金光寺

   

慶長元年(1596年)、釈了正の開基。山門及び鐘楼は、
町の有形文化財に指定されており、特に山門は祇園神社社殿建築材と同一で
一本の﨔巨木の余材であるといわれています。
西南の役では、西郷隆盛や桐野利秋らが泊まり、桐野利秋が金光寺の行燈に
「中村半次郎」と落書きをしたのですが、現在その行燈は残っていません。

鞍岡地区寺村