神社仏閣

三ヶ所神社

天孫降臨の地と伝えられる二上山の祠(ほこら)を山麓に降ろし建てられた三ヶ所神社。西暦900年後半ごろに創建され、流れ造りは総檜造りで、建築風と彫刻は、近世の傑作といわれています。この本殿は、宮崎県の有形文化財に指定されています。また、県の有形文化財に指定されている『石刻門守神像(二面)』があります。
秋の例大祭には、坂本地区に伝承されている国の重要無形民俗文化財の指定を受けている『荒踊』が奉納されます。

三ヶ所地区宮の原


脳の海馬は記憶に関する大切な所です。心理的なストレスは海馬を傷付けて物忘れやさまざま障害を引き起こすと言われています。三ヶ所神社本殿正面にある海馬ご守護の彫刻に因んで「海馬守」を制作致しました。
脳の保護に学業成就等に飛躍的なお守りとして御案内致します。あなたの海馬をお守りください。
お申し込みいただければ郵送します。お問合せは三ヶ所神社までお願いします。
0982-82-1513(FAX兼) 夜間0982-82-0069